高級デリヘル店の面接は最後まで気を抜かない

高級デリヘル店で面接を突破するには、容姿や内面などが見える振る舞いということもチェックされるのですが、更に面接の際に見られるのはこの子はこのお仕事を続けることができるのかという点です。
面接の時は愛想よくふるまっていても、高級デリヘルでのお仕事というのは結構大変なお仕事でストレスもたまりますし気づかれもします。
そういうときに、疲れている態度を出さないかどうかということも重要です。

普段の態度から続けられそうかチェックされる

それは、言ってみれば気をわずかに抜いたときに見える隙に現れます。
姿勢を正しく、顔をしっかりとみてにこにこ笑顔を絶やさないように面接をしていたのに、フッと面接官がよそ見をしたり目を切った瞬間にちょっと油断してしまって姿勢が崩れてしまったり、ため息をついたりなんていう無意識の行動の表れというのはまさにお仕事で疲れた時に出ますからね。
これを、万が一に見られないためにも面接が終わるまで絶対気を抜かないようにしましょう。

力を抜くときも抜きすぎない

しかし、面接中ずっと張り詰めているというのはかなり神経を使いますし、ずっと続けるのは無理でしょう。
なので、気を抜かなくとも力は多少抜いても大丈夫です。
面接の際にも、楽にしてくださいと言われたらちょっと足を斜めにそろえて深く座ったりするなど、ある程度力を抜けるけどだらしなくない程度の姿勢を保つという、抜きすぎない姿勢が大事なんです。

まとめ

高級デリヘルは、お客さんの接客時間はかなり長いです。
短い時でも90分以上はしますのでどうしても忍耐能力のない子というのは採用されにくくなってしまいます。
なので、面接中にあまりにも気を抜きすぎてだらしないところを見せないことです。

関連する記事