高級デリヘル店の面接対策衣装編

高級デリヘル店の面接を受ける際に、対策として覚えておきたいのが服装で素。
デリヘルのお仕事をするときなんて服を脱ぐんだから、服装なんか気にしたってしょうがないじゃないか、と思う人もいるかもしれませんがそれは大きな間違いです。
面接官は、当然ながらサービスを受けるわけではないので服を脱いだところを見ません。
とすれば、服装込みで判断されるわけですから服装も気合を入れておきましょう。

ラフな格好はNG

Tシャツ、ジーンズ、ガウチョパンツ、キュロット、トレーナー、スウェット、ジャージ。
これらの服は全部アウトです、どの服も絶対に面接時には着ていかないように気をつけましょう。
貧乏くさい、庶民的、カジュアルすぎるというのは高級デリヘル店のキャストとしては不適格でイメージも悪くなりますのでかなり印象も悪くとられてしまいますので、上記の格好は絶対ダメです。

カジュアルフォーマルが理想

フォーマルすぎるドレスなんかだと、今度は浮いてしまいますのでこれはあまり良くないですね。
高級デリヘル店の面接に行くなら、ガーリィな雰囲気で白、青、ピンク、といった清潔感を連想させつつも女性らしさをアピールできるカラーの服がいいですね。
そして、服装はできるだけ下はスカート、特にミニスカートだとなお良しですね。
露出は多すぎると下品に見えますが、適度の肌を見せるのは女性らしさをアピールできて有利になりやすいです。

まとめ

高級デリヘルの面接というのは、いわば女性としての魅力を見ているようなものなのですね。
だから、服装も女性らしさや美しさをしっかりと引きたてるような格好が望ましい、というわけなのです。
なので、最低でも必ずスカートは身につけるようにしましょう。

関連する記事